総量規制対象外を気にするべきタイミングとカードローンの利用

カードローンでお金を借りる時には、いくらまで借入れをすることが出来るでしょうか。カードローンといえども利用をするためには、限度があります。
まず、カードには消費者金融系と銀行系があることを知っておく必要があります。違いは色々とありますが、その中で一番の違いは総量規制があるかどうかです。消費者金融系のカードローンの場合には、総量規制があります。総量規制とは、年収の3分の1までしか借入れをすることが出来ないことです。例えば、年収が300万円だった場合、借り入れ出来る金額は100万円になります。つまり、消費者金融では、総量規制があるため、限度額が500万円だったとしてもせいぜい100万円までしか借入れが出来ないことになります。
では、金融機関はどうでしょうか。金融機関は総量規制対象外と言うことになっています。総量規制対象外ということは、言い換えると借入れ額は年収に関係なくなります。限度額が800万円だとすれば、限度額まで借入れをすることが可能になると言うことです。
では、総量規制対象外を気にするタイミングはどのような時でしょうか。総量規制対象外になるのは年収300万円ですので、100万円の借入れをする場合には金融機関を選ぶべきで、それ以下の借入れを希望の時は消費者金融を選ぶべきです。ただ、借入額が100万円になるまでにはそれなりに時間がかかります。20万円から借入れが始まったとしても、1年以上はかかると思って間違いありません。