レイクの利息を計算してみよう

借り入れをする以上は金利がいくらなのか確認していたでしょう。
レイクの場合、200万円以下の融資限度額のときには借入残高つまり借りている金額によって金利が決まります。
まずは18.0%が金利として考えておくとよいでしょう。
利息の計算方法は確認済みですか?

レイクに限らずどこの金融業者でも日割りで利息を計算することが一般的となっています。
返済が一日延びるごとに利息が一日増える、それが日割りになります。
金利は一年で支払う利息の割合になりますのでそれを一年である365日で割ることで一日分の利息を計算することができます。

つまりこういうことです。
借入残高×金利÷365日
これが一日の利息を計算する式になりますので前回の返済から次回返済日までの日数を掛けることでその月の利息を知ることができます。
注目するべきは借入残高によって利息が決まるということ、返済街区の中の何%が利息というわけではないということです。
どのくらいの返済額を用意したとしても利息はすでに計算されていますので固定。
元金をどれだけ返済できるかは返済額をどれだけ用意できるのかによって変わるわけです。

実際に計算をしてみましょう。
借り入れ金額が10万円の場合、金利はレイクで18.0%となりますので30日で返済をするときには利息が1、479円です。
借入残高によって利息が変わりますのでこの回にどれだけ返済をしたかによって次回の借入残高から算出される利息が変わってくることになります。